はてなブックマーク - <!--$entry_title--> 忍者ブログ
吹奏楽から日常生活のどーでもいいことまで、ひたすら雑多に書き込んでいきます… 更新は頻繁になったりならなかったり。

「オセロ」より(4月11日)

それでは今日の一曲に参りましょう!本日も全日本吹奏楽コンクールライブ録音から。

  
第35回(1987年)全日本吹奏楽コンクール。
北海道札幌白石高校(指揮:米谷久男) 金賞
「オセロ」より I.前奏曲,III.オセロとデズデモーナ,IV.廷臣の入場 (A.リード)





数あるリードの名曲の中でも、ひときわ劇的で、メロディックな一曲。特にIII.オセロとデズデモーナの叙情的で美しいメロディーは大好きです!
で、この演奏は金管がパワフルな北の名門札幌白石。特にI,IVの金管のきらびやかな鳴り具合はすばらしい!曲にぴったりです。パンとはった音色が、冒頭から小気味よく聞こえる。金管好きの僕にはたまりませんね。で、打って変わってIIIでは木管のしなやかな音。メロディックな旋律を丁寧に歌い上げるサウンドには、心にぐっとくるものがあります。そしてフィナーレ(本来はVまであるので正しくはありませんが)の、堂々たるメロディー。ここで再び金管軍が炸裂します。終結部は疲れからかやや精細さを(少しですが)欠いてしまう場面もありますが、それもまたご愛嬌。全体的に音楽作り、ストーリー性が良く出ていて、オセロで好きな演奏のひとつです。リードファンなら必聴!
市立川口、曲吹、嘉穂高そしてなにより野庭と天理。まだまだ名演に列挙のいとまがないです笑

では、また明日!勉強頑張ります(笑)

拍手[0回]

PR