はてなブックマーク - <!--$entry_title--> 忍者ブログ
吹奏楽から日常生活のどーでもいいことまで、ひたすら雑多に書き込んでいきます… 更新は頻繁になったりならなかったり。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エクストリーム・メイクオーヴァー(9月29日)

珍しいかな、今日はコンクール以外、それもヨーロッパの吹奏楽団の演奏です。



 ブニョール"アルティスティカ"交響吹奏楽団
 エクストリーム・メイオクオーヴァー~チャイコフスキーの主題による変奏曲  (J.デ=メイ)





全曲でなんと16分を超えるようななかなかのずっしり感があるデ=メイの名作。近年はアンサンブルリベルテ、東海大菅生(支部)なんかがコンクールで演奏してたりしました。元々はEBBC2005の課題曲としてブラスバンド用に書かれた曲です。

さてさてこの曲は副題にもあるように、チャイコフスキーの曲の断片が随所にちりばめられています。わかりやすいところではメインテーマになっている「弦楽四重奏曲 ニ長調 第一楽章」(アンダンテ・カンタービレ、でも有名ですね)大序曲「1812年」だとか、交響曲第4番、ロメオとジュリエットなんかもはいってます。「あの曲だよあれ!」ってのはありますが曲名が(笑
で、実にデ=メイ節の聞いた吹奏楽のパワー爆発!みたいな曲。途中打楽器のソリがあったり、音程の違う複数のガラス瓶を用いていたり、終わった?と思わせてまだ5分ある、みたいなことがあったり実に飽きない。演出効果にはまったく事欠かない、ド派手でめちゃめちゃビッグなスケール感の曲です。特にマリンバソロから終結部に向けて徐々に徐々に盛り上がっていくところは鳥肌もの。キタキタキター!って感じなんです。

この演奏はスペインでのライブ録音なんですけど、とにかくスタミナがすさまじい!これだけの曲にもかかわらず最後まできっちり吹ききって(特に金管!)おそろしい。アメリカ空軍と戦えるんじゃないですか?w
カップリングの「プラネット・アース」も、シンセとコラボしたまたビッグスケールな作品。とりあえずこのCDはすごいぜ。

拍手[0回]

PR