はてなブックマーク - <!--$entry_title--> 忍者ブログ
吹奏楽から日常生活のどーでもいいことまで、ひたすら雑多に書き込んでいきます… 更新は頻繁になったりならなかったり。

【感想】全日本吹奏楽コンクール前半11【湯本・白子】

目次出来ました!
前半14 東海 三重県立白子高校(指揮:桐生智昭) 銀賞
♪(課) IV 南風のマーチ
♪(自) 歌劇「蝶々夫人」より (G.プッチーニ/後藤洋)


昨年の成績:東海大会金賞
00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 金-銀-銅

―    0 - 2 - 0

♪(課)南風のマーチ
明るいサウンドで、一階でもパーカスがしっかり聞こえて来ました。が、むしろバンドはもうちょっと鳴らしてもいいんじゃないかな。そのせいか、コンパクトに纏まった印象でした。強奏の軽やかさはうまく出ていたんですが、弱奏で引きが足りず平坦さを感じました。今年のマーチは一歩間違うと退屈な曲になってしまう。

♪(自)歌劇「蝶々夫人」より (G.プッチーニ/後藤洋)
記録によると、支部大会以上での初演は2001年の中村学園女子高。その後'04金沢市立工業、'08横浜創英中高・千代崎中に演奏されています。トゥーランドットはいわずもがな、ラ・ボエームよりも演奏会数が少ないというのは意外かも?日本題材のオペラだしね、もっと演奏されてもいいと思うんですが…それはさておき。
冒頭のクラのユニゾンからガラッ!と雰囲気が変わりました。朗々とした歌い方は好感、オペラの感じがよくつかめていると思います。こまかーいポイントですが…えーと、名前ど忘れしちゃった、アメリカ人が出てくるシーンに流れる米国歌のモチーフ。あれは個人的にプッチーニの中に紛れちゃった異国感が出て欲しい!と地味に思ってたので、その辺も含め曲の空気感が丁寧に拾われた演奏は、期待通りで嬉しい。シメの「蝶々さん!」まで気を抜くことなく、素敵な演奏でした。

近年セレクションものだとか、オペラの抜粋で、強響部と弱奏部があってラストに盛り上がりがあって(大抵本筋のラストじゃない)ババーン!!みたいのが流行りですが、この演奏は「そういうの」が鼻に付き過ぎない、という意味でも好感の持てる演奏でした。埼玉栄とは同じプッチーニということもあり対照的な構図になったかな?



前半15 東北 福島県立湯本高校(指揮:橋本葉司) 銅賞
♪(課) V 「薔薇戦争」より 戦場にて
♪(自) ピアノ三重奏曲より (M.ラヴェル/高木登古)


昨年の成績:三出休み
00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 金-銀-銅

 2 - 3 - 2

♪(課)「薔薇戦争」より 戦場にて
今日三団体目のばらせん。正統派のアプローチでしたが、全体的にちょっとリズムに甘さが見られたかな。冒頭のメロ「タッタタン・ター」とか、中盤のティンパの動きとか。Trp(特に1st)がなかなかパワフルで、一発アクセントになっていたのを含め、メロディーが埋まることなく際立っていたのはうまいな、と。特にJからの一気の引っ込め方はとてもよし。もう少し整理をしないと勢いとパワーで押した感が残っちゃうのかなぁ。

♪(自)「ピアノ三重奏曲」より (M.ラヴェル/高木登古)
まず、プログラムこの曲を見た時「?」でした。「ピアノ三重奏…ってピアノとなんかだよな?(ヴァイオリンとチェロ)どうやって吹奏楽に…」というのが第一印象。僕の中で湯本って言うと'04中国の不思議な役人とか、'09矢代交響曲とかの、ザ・東北!なアツさ全開の選曲とサウンド。なのに、今年は印象派の巨匠、ラヴェル。むむむ…
原曲もCDを持っていたので聴いてから全国に望みましたが、全然違う印象でした。吹奏楽にすることによって、「道化師の鏡」みたいなわかりやすいラヴェルっぽさが出たというか、うまく言えないですが。

指揮が藤林先生から橋本先生(前任は平商業)に変わり、湯本のサウンドもかなり色が変わったようでした。そう、直感的に「色」が違うな、と。課題曲でも書いたとおりパワフルな金管は健在で、この曲でもハイトーン(特にまたTrp,四楽章後半ではHighDまで!)の連発をバッチリ鳴らして来ましたが、その他に濃さとは真逆の、澄んだ響き…を出そうとしている方向性が感じられました。木管にその傾向が強かったのかな。今までの湯本とは真逆のサウンド感。で、それらが混在した独特な音になっていました。どっちかっていうと最終的にはパパーン!と鳴らす方でまとまった印象でしたが。
二楽章のテーマの繰り返しも各パートがしっかり強調、四楽章はラストに向け迫力の盛り上がりを見せて圧巻の響き。安定感もあり、インパクトも強い演奏でした。前半の部のトリに十分な演奏。銅賞で、ちょっと「えーっ」と声が上がった…記憶が。


余談ですが、終了後会場を出て退場中の湯本の生徒の列と鉢合わせ。同じ東北人として声を掛けたかったのですがチキンな俺は断念。その場で親に電話して、「磐城も湯本も、東北代表すごかった!」と聞こえるように言うことで(セコい)地味に応援してあげました。嬉しそうな顔してたな、ごめんね直接言えなくて。

余談そのに。演奏開始前に隣に座ってたおじさんがたが、「つい福島も橋本先生を出してきたか…」って言ってました。なに、橋本先生ってリーサルウェポンだったの?秋田で言う細谷先生みたいな?

拍手[0回]

PR